選択肢が豊富だから会計ソフトは慎重に選ぼう!

会計ソフトの役割とその種類

会計ソフトは、取引など会社での日々のやり取りを仕分けとして入力することで、損益計算書や貸借対照表などお金のやり取りを記録することができます。導入による最大のメリットは、計算ミスを防げるほか、経理に関係する業務の大幅な短縮が見込めると言ったものが挙げられます。現在の経営状況を電子データとして保存できるため、帳簿を保存するスペースを節約できること以外に、そのデータを意思決定や経営診断に活用できる特徴もあります。決算書とは別に税務申告書も作成でき、会計ソフトのアップデートにより、日々の税制改正に対応可能となります。最近ではクラウド会計ソフトと呼ばれる、インターネット上で場所に関係なく仕訳作業を自動で行うものも登場しています。

業務や業態による会計ソフトの選択肢

会計ソフトを選ぶには、会社の規模や業種など多くを検討して選ぶ必要があります。法人向けと個人事業主により、税金の種類が異なるなどの違いがあることから、規模に応じて経理業務及び決算業務をカバーできるソフトを選ぶことが重要です。提携している顧問税理士が使っているソフトを選ぶことで、データの共有が可能となり、不慣れなことを教えてもらえるメリットもあります。経理業務と決算業務をカバーする基本的能力は共通のベンダーが多いため、会社にあった経営分析や診断機能を持つソフトを選ぶことで、経営に大きく役立ちます。日常の業務内容を会社で保存するのか、社内で共有するのかによりソフトの選び方が異なり、外出先や在宅など会社外部での取引をまとめる場合は、クラウド型の選択肢もあります。

会計システムをさらに充実させるため、簡単に操作ができる会計ソフトの導入を決めたり、経理の実務経験が豊富なスタッフを雇い入れたりすることが効果的です。